育毛剤と発毛剤の違いやその効果を理解する事が大切

育毛剤と発毛剤の違い
髪の悩みを持つ多くの方が育毛剤や発毛剤を試した経験をお持ちで有ると思いますが、非常に多くの種類の育毛剤は発毛剤が販売されており、どの育毛剤や発毛剤を選べば良いのかとても迷う所です。

一方、この育毛剤や発毛剤は育毛に効果があるとされておりますが、実は似て非なる物で狙う効果等が異なっております。

その為、実際の使用に当たってはご自身の髪の状態を知り、ご自身の症状に有ったケアを行う事が重要で、もしもご自身の髪の状態を理解せず育毛剤や発毛剤を使用した場合には、抜け毛が酷くなったり頭皮が炎症を起こしてしまったりと思わぬ弊害を招いてしまう事も有る事を理解しておきましょう。

先ず覚えておきたい事は育毛剤は医薬部外品、発毛剤は医薬品として分類されている事です。

その為、医薬品に分類される発毛剤は育毛剤に比べて強い成分と効果を持っております。

又、育毛の効果が高い強い成分が配合されている発毛剤を使用する場合には、人によって多毛症や動悸、むくみ等の副作用を招いてしまう事が心配されます。

一方、医薬部外品に分類される育毛剤は副作用等の報告は上がっておりません。

この事から、発毛剤を使用される場合には懸念される副作用に付いてきちんと確認すると共に、不明な点や不安な点が有る場合には医師等に相談する事が大切です。

次に育毛剤と発毛剤の働きや効果についてですが、育毛剤の働きは発毛を促す事に主眼が置かれており、頭皮の血行を促し頭皮の環境を整える働きを持ち、毛が生えやすい環境を作る事を目的としております。

又、育毛剤の効果としては、現在生えている髪の毛に栄養分を与える事で髪の毛を元気にすると共に抜け毛予防等の効果も考えられております。

一方の発毛剤は、頭皮の有る毛根等髪の毛を作り出す細胞に直接働きかける事で、新しい毛を生やす働きを持ち実際に発毛の効果も認められております。

又、育毛剤と同様に今生えている髪の毛を丈夫にしたり抜け毛予防等の働きも持っております。