頭皮環境を整えるためには腸内環境正常化を意識することも大切

育毛 腸内環境
健康のために腸内環境を整えることが謳われてしますが、育毛の関係から見ても無関係ではありません。腸は免疫力を高め、摂り入れた栄養を吸収、消化、排出する上で欠かすことができない器官です。

正常に働いていなければ身体のさまざまな部位に悪影響を及ぼし、不調をもたらします。

善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の3つの菌のバランスのいい状態でいることが身体の健康を保ち、頭皮にとっては腸で吸収された栄養をしっかりと届けてもらい、頭皮環境を整えるという意味で重要なことなのです。

たとえば、悪玉菌が優勢に傾いた腸内環境では小腸の働きが弱まり、せっかく摂り入れた育毛成分も上手く吸収できなくなります。

必要な栄養は生命維持活動に関わる内臓器官に優先的に利用されるようになりますので、直接関係がない髪の毛の分は後回しです。

髪の毛は身体に充分な栄養が満たされていなければ、成長のためにそれらが使われにくくなってしまいます。

また、便秘になりがちで、老廃物や有害物質が体内で蓄積されていくと血行不良や冷えの原因になり、肌や頭皮が荒れやすくなるのが問題です。

せっかく育毛剤を利用して外部から頭皮環境を整えるアプローチを行っても、内側から乱す要因を放置していればいつまで経っても思うような薄毛改善効果を得られないでしょう。頭皮を髪の毛が育つ土壌にするためには、腸内環境を整えることが不可欠なのです。

普段から便秘がちのかた、逆に下しやすいかたは善玉菌優勢のバランスのいい状態になるように腸内ケアを行うことをおすすめします。

改善策として、乳酸菌を摂り入れるのが簡単です。ヨーグルトや発酵食品を食べたり乳酸菌サプリを摂取することで外部から善玉菌を補えますが、腸に留めておくことができないため毎日の摂取が重要です。

また、食物繊維の多い食事を摂るようにして消化吸収を活性化させるようにすれば、便秘の解消に役立ちます。

腸内環境が乱れているかたは食生活も乱れていることが多いので、改めて見直してみるといいでしょう。もちろん、運動も大切です。

身体を動かすことでぜん動運動を手助けして排出しやすい状態になりますし、適度な疲労感は質のいい睡眠をもたらします。身体の働きを整えて腸の動きを正常化させるためにも重要です。

育毛と腸、一見すると繋がりがないように感じますが、腸から摂り入れたものが身体を循環しています。

頭皮環境を整えるためにも腸の状態の改善を意識していきましょう。